Overture, Adwords の費用対効果シミュレーション

Webビジネスの成功の鍵。リスティング広告の費用対効果の情報を集約したポータルサイトです。

Overture, Adwords の費用対効果シミュレーション:はじめに

インターネットビジネスではサイトへのアクセス数を上げることがビジネスの成否を握ります。アクセス数を上げる近道は、Google、Yahoo!などの検索結果に上位表示させることですが、そのためのSEO対策は、ライバルサイトでも実践しており、苦労の割に結果が出なかったり、結果が出るまで時間がかかることもしばしばです。とりわけ、ニーズの多い(検索数の多い)キーワードではSEO競争は熾烈です。

ビジネスには、タイミングがあります。適切なタイミングで狙ったキーワードで検索結果に上位表示させることができれば、ビジネスの成功に大きく近づくことができます。

検索結果に上位表示させる方法として、特定のキーワードで検索結果の上位に広告を表示させるリスティング広告が注目されています。ただ、広告である以上有料のため、アクセスを稼ぐための広告費と、売上のバランスが重要になります。

当サイト(Overture, Adword の費用対効果シミュレーション)では、リスティング広告を利用して検索結果への上位表示させた場合の損益分岐点、費用対効果のシミュレーションツールを提供していますのでご活用ください。

 リスティング広告とは - Overture, Adwordsの費用対効果シミュレーション Top へ

Webサイトへのアクセス数を上げるためには、ポータルサイトでの検索結果の上位表示が極めて重要となります(筆者の実例では、あるキーワードで、Yahoo!の検索結果第2位二表示された時のアクセス数は、12位のときと比べて6倍ほどのアクセス数の違いがありました)。リスティング広告では、主要ポータルサイト検索結果ページの上位に表示させることができます。

以下は、Google で”旅行”というキーワードで検索した時の結果で、赤枠がGoogle Adwordsによる広告になります。一方、緑枠は純粋な検索結果です。緑枠で上位表示させるにはライバルサイトとの熾烈なSEO競争に勝つ必要があります。緑枠の表示は無料ですが、実際はSEO対策自体に費用がかかることを忘れてはいけません。赤枠への表示は有料ですが、適切なタイミングでアクセスを稼ぎたい時に効果が見込めます。



Google Adwords(アドワーズ)
 
- Overture, Adwordsの費用対効果シミュレーション Top へ

Googleをはじめとしてgoo、ライブドア、インフォシーク(楽天)、ニフティ、ビッグローブ他
多くのサイトにリスティング広告を掲載することができます。

■Googleアドワーズのメリット
・一つの広告に複数のタイトル説明文、リンク先URLを設定でき、効果の高いタイトル説明文、リンク先URLの判別が可能、また広告を配信する地域を限定することができる。
・広告スコアが高ければ低単価での上位掲載が可能、キーワード広告を登録する際に事前審査がないので、リアルタイムでの設定反映ができる。
・任意のキーワードの直近過去12ヶ月のクエリの増減傾向を調べることができる。

■Googleアドワーズのデメリット
・他社、競合の入札価格及びどのキーワードにいくらで入札して何位に表示されるのかが事前に特定できない。
・広告スコアが低い場合最低入札価格が増加してしまう。

---
[詳細]
 Googleアドワーズの特徴は、広告の掲載順位が単純に最低単価で決まらないということです。逆に言うと、資金力のある企業が参入しても一気に駆逐されることはないということです。また、大きなメリットとしては、広告のパフォーマンスマーケティングが優れている点です。さらに、事前審査がないため、急ぎでの出稿が必要な場合に即応できる点も見逃せません。

 デメリットとしては、Overtureの場合と逆で、競合の入札価格が分からない点、独自の”広告スコア”というアルゴリズムが上位表示を左右するために広告の効果が測りにくい(幾らお金をかけたらどの程度のアクセスが得られるかを事前に把握しにくい)という点です。


Overture(オーバーチュア)
  - Overture, Adwordsの費用対効果シミュレーション Top へ

■Overture スポンサードサーチのメリット
・日本で最も利用されているYahoo!JAPANの検索ページのトップに広告を掲載できる。
・他社、競合の出稿している一部登録キーワード、入札価格を知ることができる。
・キーワードアドバイスツールにより、任意のキーワードの前月のクエリを調べることができる。
・マッチドライバー機能によって、検索キーワードの変化形(送り仮名、スペースの有無、ひらがな・カタカナ変換など)を検出し、基本的(ユーザーの求める一般的)な検索キーワードへ自動的に変換して広告が表示される。

■Overture スポンサードサーチのデメリット
・掲載内容を登録する際事前審査が必要で、掲載までに3〜5営業日かかる。
---
[詳細]
 Overture広告は、Yahoo!、MSNを始めとした大手検索エンジンの多くで利用されています。Overtureに広告を出稿するということは、Yahoo!だけでなく多くの検索エンジンの検索結果に表示できるメリットがあります。Googleアドワーズもこの点は同様で、広告を出稿することは数多くのメディア上に自分の広告が表示されることになるため、効果は極めて大きいのです。

 また、出稿する際の料金は1クリック単位(最低9円)です。著名サイト広告枠を買って月○○万円という固定額を予め支払うよりも、実際のクリック数に応じて課金される方が費用対効果に優れていることも確かです。

 Overtureでは、競合相手の入札価格やそのキーワードの月間検索数も知ることができます。この透明性は、競合する企業間で公平性をもたらす反面、資金力のある企業が参入すると一気に駆逐されてしまうデメリットがあります。(透明性の高さあは、企業が予算を投入する際の指標となるため、競合の参入を許しやすいという側面があります)


Overture,AdWords比較 - Overture, Adwordsの費用対効果シミュレーション Top へ

以下に、Overture、AdWordsそれぞれの特徴を整理します。結論としては、臨機応変に二つの広告を使い分けることをお勧めします。

■Overture スポンサードサーチ >>Overture スポンサードサーチの特徴
・最低入札価格:9円〜
・表示順位:入札価格の高い順
・タイトル説明文文字数:タイトル15文字/説明文33文字
・タイトル説明文の複数設置:なし
・地域ターゲット:なし
・コンバージョン計測:あり
・媒体管理料:20%

■Google アドワーズ >>Google アドワーズの特徴
・最低入札価格:5円
・表示順位:広告ランクの高い順(上限クリック単価×独自の広告スコア=広告ランク)
・タイトル説明文文字数:タイトル12文字/説明文17文字(説明文は二通り設定可)
・タイトル説明文の複数設置:あり
・地域ターゲット:あり
・コンバージョン計測:あり
・媒体管理料:20%


リスティング広告シミュレーションツール
 - Overture, Adwordsの費用対効果シミュレーション Top へ

広告費対利益シミュレーション (*入力事項

キーワード検索数
月間のキーワード検索数を確認します。
Overture 月間のキーワード検索数で確認)

広告単価
1クリックあたりの広告単価を調査します。
Overture 入札価格チェックツールの結果)

クリック率
検索結果に表示される広告をクリックしてサイトに訪問する割合を入力します。
(通常は、5%〜10%)

成約率
訪問者のうち購入に至る割合を入力します。(通常は1〜2%)

報酬単価* 1件あたりの売上)

クリック数 (=キーワード検索数×クリック率)

広告費 (=広告単価×クリック数)

成約数 (=キーワード検索数×クリック率×成約率)

成約毎の広告費 (=広告費÷成約数)

売上 (=報酬単価×成約数)

利益 (売上-広告費)


 

コンテンツ

リスティング広告とは?

Google Adwords

Overture(オーバーチュア)

AdWordsとOvertureの比較

リスティング広告シミュレーションツール

@With 人気Webランキング
Google

Google AdWords

Overture

参考文献

リスティング広告成功ノウハウ集

リスティング広告損益シミュレーション

リンク

暮しと家計 - FPに頼らない家計改善のコツ

ローン繰上げ返済

ローン繰上げ返済
(期間短縮型)
シミュレーション

ローン繰上げ返済
(支払額軽減型)
シミュレーション

Google

 

Copyright ©2006 Overture, Adwordsの費用対効果シミュレーション